Archive for the ‘家造り’ Category

勾配天井の子ども部屋

火曜日, 9月 1st, 2015

我が家の子ども部屋は勾配天井にしました。勾配天井にすることで魅力がたくさん詰まった子ども部屋となっています。我が家の子ども達は4歳と2歳でまだまだそれぞれに個室を設けても利用することはありません。そこで広々ワンルームの子ども部屋にしました。

広さ10帖ある子ども部屋は、子ども達がのびのびと遊ぶことができ、お友達が遊びに来てもゆったりと遊ぶことができるので良かったと思っています。子ども部屋を勾配天井にした理由は、将来この広々ワンルームを二つの個室に分ける予定です。

分けることで一部屋5帖ずつの広さとなり、狭さや圧迫感を感じることもあるかもしれません。しかし勾配天井にすることで天井が高く5帖の広さになったとしても圧迫感や閉鎖的な印象を与えることはありません。空間的には狭くなっても、快適な子ども部屋を与えてあげることができるのです。

また勾配天井を活かしてロフト収納を設けました。子どもが成長するにつれ、しまっておく物も増えていきます。増えていく物をきちんと収納できるロフト収納があると、居住スペースに物が散らかることを防げ、スッキリとした子ども部屋となるのです。現在は、この秘密基地のようなロフトが遊ぶスペースとして大活躍しています。隠れ家的なロフトは子ども達の絶好の遊ぶスペースなのです。家造りは我々大人の満足だけで完成させてはいけません。子ども達の成長に合わせてその時々で最高の形となる住宅を目指さなければいけないと思います。

キッチンカップボード

火曜日, 2月 17th, 2015

キッチンになくてはならないカップボード。
我が家のキッチンカップボードは食器をはじめ電子レンジや炊飯器などの家電製品や食品庫として使えるようにしようと思っています。

三枚扉の奥には天井にまで広がる大容量に収納できるカップボードは便利で家事の効率も高めてくれると思います。
使いやすさを高めるカップボードにするには工夫が必要になってきます。
炊飯器や電子レンジは使用頻度が高いものです。
腰をかがめることなく中段の使いやすい高さに置きましょう。
そして炊飯器やポットなどは蒸気ができるので前にスライドできるようにしておきます。そしてその下にもう一段スライド板が出てくるようにすることで、よそったご飯を一時置きするには便利ですし、保存容器に詰める時にもこのスライド板が重宝するのです。

また下段にはゴミ箱をビルトインすることでキッチン内をスッキリさせ同時に生活感の出るゴミ箱を隠すこともできます。
またこのカップボード内は可動棚を用い収納する物に合わせて棚を自由に動かし収納することでカップボード内に空洞な部分が生まれることなく適材適所にスッキリ物を収納することができます。

このように少しカップボード内を工夫することで家事がしやすく収納スペースを有効活用できるようになるのです。
そしてもう一つ、このカップボードの前にすりガラスの三枚扉を設ければ生活感を全く感じさせないオシャレでスッキリとしたキッチンにすることができます。
すりガラスにすることで明るさも維持できるので開放感もあるのです。
カップボードで素敵なキッチンに仕上げたいです。

子供の目線の室内事故対策

日曜日, 9月 21st, 2014

住まいを新築する時、安心して、安全に暮らすことができる環境を作らなくてはいけません。ただ、安全確保というのも大変なことで、大人にとっては安全で、何の問題もないことが、幼い子供達にとって、危険が潜んでいることもあります。大人と子どもとでは、身体の大きさが違います。大人なら、難なく上がり下りできる高さの階段であっても、幼い子どもには、よじ登るというような感覚になります。下りる時は、かなりの恐怖を感じているのではないでしょうか。そこで、家庭内事故対策を高齢者対象だけでなく、子ども目線でも、考えていかなくてはいけません。

私の友人が二世帯住宅を新築した時、両親と同居しました。両親はまだまだ若く、元気でしたので、パートタイムで働く彼女を応援してくれました。家事を手伝ってくれますので、洗濯物を干したり、取り込んだりするのに、大量の洗濯物の入った大きな洗濯かごを抱えて、2階への階段を上り下りします。足元も見えにくいし、バランスも崩しやすいので、心配し、階段は、できるだけ安全に上り下りできるように、勾配を緩やかにし、折り返し階段にしました。階段は動線だけにしか使えないので、少しもったいない気がしますが、万が一、階段を踏み外しても、一気に下まで転落しないようにしました。手摺を両側につけましたので、左利きの母親も便利です。

彼女には、まだ幼稚園と小学校低学年の子どもがいます。子ども達も階段の上り下りの際、安全であるように、考えないといけません。そこで、大人にちょうど良い高さの手摺だけでなく、子どもにも使いやすい高さの手摺をもう1つ、設置しました。夜間、自動で点灯する足元灯もつけましたので、安心です。住まいの中で、誰もが、安心して、安全に暮らしていくことができるように、工夫していくことが大切です。

水周りの収納

金曜日, 9月 5th, 2014

水周りの収納ポイントには共通点があります。まず、湿気が多いので、水はけと風通しを良くして、清潔に保ちましょう。そして、小さいものはカゴなどにまとめてから収納し、見せたくないものは、扉やカーテンなどで隠します。

洗濯機周りは、物がたくさんあります。棚がないときは、突っ張り棚や専用ラックを置き、上はタオル類の保存、目線の位置は洗濯ハンガーや洗剤等、洗濯機の横は、キャスター付きのカゴ型ラックにボトル類や洗濯バサミなどの小物をまとめて収納しましょう。

お風呂は乾燥が第一です。上には突っ張り棚を設置し、桶や掃除道具や風呂蓋などの乾燥・収納場所にします。壁は、フックにスポンジ・タオルや掃除道具を吊るして乾燥・収納します。床にはシャンプー等のボトル類や石鹸などを、直置きでなくラック等にまとめて乗せましょう。脱衣所は脱衣かごとバスタオル置き場が必須です。それに下着や部屋着・パジャマ入れがあるとより便利です。

洗面台は、小さいものが多いので空間を目いっぱい使いこなしましょう。鏡のまわりは、毎日使う石鹸・基礎化粧品・歯磨きグッズ・整髪グッズなどを出し入れしやすく倒れないように。緑など飾ると生活感が消えます。隙間には、スリムタイプの引き出し収納用品に、化粧品やタオルのストックをいれ、洗面台の下は配水管を避けて棚を置き、洗面洗濯用品のストックを入れましょう。

トイレはタンクの上の空間に、伸縮棚やトイレ用ラックを設置し、トイレットペーパーや生理用品、トイレカバー、タオル、掃除用具などをのせ、カーテンで隠し、反対にかわいいデザインのトイレブラシなどは床においてアクセントにしても良いでしょう。

都市の住宅

日曜日, 8月 17th, 2014

都市はすでにたくさんの建物が建っており、家を建てるのは、建て替えや、新たに土地を取得する場合でも、狭かったり、変形の土地だったりと、土地の制約が大きくあります。土地の形、広さ、風通し、採光が、郊外の住宅地と違う都市の土地の難点です。
逆に良い点は、なんと言っても都会は便利です。そして土地が狭いとか変形ということは、値段的に一般的な家庭の収入でも都心にマイホームを建てられるということにもなります。場合によってはマンションより安く広い場合もあるのです。土地が安い分を建物に回すことも考えられます。
その短所長所を、敷地固有の特徴として生かし、配置、風・光を導く建物構成を考え、敷地を有効に使い、空間の心理的、視覚的な広さを感じさせることで、住みやすい家を建てることは可能です。

変形の狭い土地の場合、土地の形をそのまま利用した、個性的な建物ができそうです。デッドスペースも遊び心を入れて利用すると、楽しい空間に生まれ変わりますし、建物以外の敷地もはじめから計画し、フラワーボックスや、サービスヤードとしてすることで、豊かな生活スペースになります。

旗竿状の土地とは、大きな土地をくぎる時、真ん中にできる周りを囲まれた土地で、竿のような通路で、道路に接しています。閉鎖的になり勝ちですが、真ん中に中庭を設けると、四方に光が入り、個性的な間取りができます。

短冊状の細長い土地は、間仕切りが少ない、趣味のスペースなども含んだ大きなLDKにすると、距離感を利用して、閉鎖性と開放性を併せ持つ空間が生まれるかもしれません。

眺望を楽しむ家

木曜日, 7月 17th, 2014

絶景を見渡しながら休日をのんびり自宅で過ごせるということはこの上なく贅沢のように思えます。先日新築住宅を購入した友人宅へ遊びに行かせてもらいました。少々高台にある欧風スタイルの住宅は、どこかリゾート地でも来たかのような気持ちにさせられました。高台ということで眺めは良く、外に広がる海も見渡すことができます。この絶景を活かし、自宅に居ながらリゾート地にいるような空間を造り出していたのです。絶景を損なわないようにリビング一面に広がる窓はリビングどこに居ても外の絶景を眺めることができます。大きな絵画を眺めているような気持ちとなりました。

昼間は明るく、夕暮れ時に夕日を眺めロマンティックな気持ちにさせられます。床には無垢材を使用し木の温もりを肌で感じ、落ち着きのある色味が空間をよりオシャレに演出しているように感じました。そしてリビングから段差なくフラットに繋がるウッドデッキは空間をより開放的にしていました。外に出る楽しみがより高まります。ウッドデッキも広々とスペースを確保していたので、時期や天候のいい日にはそこで家族や友人達と食事をして楽しむのには最高の空間となることでしょう。絶景をバック過ごす時間は日々の慌ただしさを忘れさせてくれ心の癒しとなるのではないでしょうか。

絶景が望めるのはリビングからだけではありません。キッチン横に設けられた友人のワークスペースからも見ることができました。家事や育児の合間にホッと一息つく場所として活用しているワークスペースで、絶景が望めればよりリラックスできると話していました。

寝室の夢

金曜日, 3月 22nd, 2013

寝室は、一日の疲れを癒す睡眠の場所です。人は、光により脳が目覚めるといいます。家を建てる時に、朝日が当たる場所に寝室を設けるといいという話を聞いたことがあります。

私の今のアパートもちょうど東から昇ってくる朝日が寝室に当たるため毎朝朝日とともに目覚めます。冬場は日が昇るのも遅いですが、3月になり、朝日が昇るのも5時ぐらいからと早くなってきました。朝日が昇るのが早くなるとどうしても早く目が覚めてしまうため、春先は睡眠障害を起こしやすい時期のようです。人には、睡眠というものが大切です。睡眠をとる寝室は快適な空間がいいですね。

最近、新築を大分で建てた友人は寝室にもこだわりをもって建てたようです。寝室の布団をすぐに外に干せるように、寝室からベランダを繋げたのだとか。布団を干すのにも、ベランダが近いと干しやすいですよね。そして干した布団がふかふかだといい眠りもできます。寝室は、プライベートな空間であり、心身ともに休息する空間です。夢占いにおける寝室の意味合いも同じような意味を持ちます。自分の寝室にいる夢をみたのであれば、心身が疲れ果てている証拠で何らかの手立てが必要であるという暗示のようです。もし、自分の寝室ではなく他人の寝室にいる夢をみたのであれば、その人との親密さが増す暗示のようです。同性ならばいい友達に、異性であれば恋人の関係になれるかもしれません。寝室に何かを持ち込んでいるのであれば、それはいわば自分自身の空間に何かを持ち込んだということ。秘密を持ち込む前兆かもしれません。

耐火建築物

水曜日, 2月 6th, 2013

 建物を建てる際に様々な制限があることはこれまでに勉強してきたが、まだまだ制限がある。何気なく建っている街の建物であるが、本当に一軒建てるだけでも、様々な条件をクリアしているんだなぁと思う。
 今回はそのひとつで、新築物件が、耐火建築物であるかどうか、というところだ。まず、地域には防火地域内と準防火地域内というのがあって、新築物件の耐火基準は、それにより異なってくる。防火地域内では、地階を含んで三階建て以上、または延べ面積が100平方メートルを越えるものは耐火建築物にしなければならず、その他の建築物も、準耐火建築物にしなければならない。これに対し準防火地域内では、地階を除いて4階建て以上の建築物、または延べ面積が1500平方メートルを越えるものは耐火建築物に、延べ面積が500~1500平方メートルの建築物は準耐火建築物にしなければならない。それ以外の建築物は、一定の基準を満たしていれば建築することが出来る。
 では耐火建築物、準耐火建築物とは、具体的にどういったものなのか。これは、簡単に言うなら鉄筋コンクリート造などで、火災が発生したとしても、倒壊したり、延焼したりしない一定の耐火性能がある建築物をいう。実際に火災が発生してから、何分間は溶けたり変形したりしないという、一定の基準があるそうだ。その他にも外壁に鉄鋼やモルタル、しっくい塗りなどをして防火性能を高めなければならない。
 現状では、まだまだ木造建ての建築物が多いだろう。しかしすべてが耐火性能を満たす建築物になれば、この国から火災がなくなるのでは、と思う。消防隊員が失業する日も、そう遠くない未来に待ち受けているかもしれない。

注文住宅

水曜日, 1月 16th, 2013

自分達の暮らしに合った、自分達らしさにふさわしい家を建てるという意味で注文住宅があります。

注文住宅のよいところは、自分達の建てた家を想像し、実現できるということです。注文住宅を建てるまでの流れとしては、

①    注文住宅の情報収集などをチェックする

②    その情報をもとに建てたい家を想像してみる

③    計者を選び、その自分が想像したものについての設計を、してもらう

④    行業者を選び工事請け負い契約をする

⑤    盤調査を行い改良が必要となった場合は、きちんと改良してから工事にとりかかる

⑥各段階での専門家による検査⑦最後に、建物の使用説明書を受け取るといったかたちになります。

注文住宅の依頼先としては、設計事務所、工務店、ハウスメーカーと大きく3つにわかれます。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、自分に合った依頼先をみつけることが大切となります。

土地選びには、法律面と敷地や環境整備が重要となります。大きい家を建てられるのか(建べいと容率)、地盤はしっかりしているのか、騒音、振動、悪臭、汚染などの心配はないかなどがあげられます。

契約前には、契約書の内容をきちんと読んだ方がよいでしょう。

法律などによっては、どの区域にどれくらいの家を建てることができるのかということが決まっています。

地域の種類としては、市街化区域・市街化調整区域・風致地区・防火地域・準防火地域・用途地域があります。中でも、市街化調整区域のみ原則として、住宅の建設はできません。

アイランドキッチンから始まった家族の歴史

月曜日, 12月 17th, 2012

 友人が食に興味を持つようになったのは、意外なことに住まいを新築したのがきっかけです。

若くして結婚したので、料理は苦手でした。それが、結婚して5年目に住まいを建てることになり、料理が苦手なのに、分不相応に素敵なキッチンができました。素敵なキッチンにすると、料理の腕が上がるのではないかというご主人の深謀遠慮かもしれません。双子の娘にも恵まれていましたから、いつかは、親子でお菓子作りや食事づくりをしたいと考え、アイランドキッチンにしました。

作業台を広く取って、お菓子作りやパン作りにも便利なキッチンにしました。収納も多く設けて、使いやすくしました。

 あれから15年の月日が流れました。料理の苦手だった友人が、小さな料理教室を開くなんて、住まいを建てた時に誰が想像したでしょうか。料理が苦手だったからこそ、家族のために、一生懸命に料理の基本を習いました。かけがえのない娘2人が生まれたからこそ、安全なものを食べさせたくて、野菜も有機栽培の物を購入するようになりました。1年のうち外食する以外は、1日3度料理をするわけですから、だんだん料理が得意になり、週に2回、少人数の料理教室を開くまでになりました。

 アイランドキッチンにしたため、娘たちと並んで料理しても、料理教室を開いても、充分な広さがあります。壁面に収納とともに、広めの作業台を作りつけました。パンを捏ねたり、麺生地をのばしたりするのに充分な広さがあります。食品庫も作りつけましたから、食料品の保存もできます。アイランドキッチンにつながるダイニングも広めにとり、無垢板の広い天板のテーブルを置きました。

友人の「我が家」はこのキッチンから始まったような気がします。このキッチンに励まされて、頑張ってこられたように思うと言っています。家族のために料理を作って待つことは、友人の生きがいです。

Copyright © 2017 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes