Archive for 1月, 2011

住宅ローンの諸費用

木曜日, 1月 13th, 2011

住宅ローンの諸費用のうち、一番大きな割合を占めるのが保証料です。
住宅購入のためには何千万円という大きな金額を借り入れるので、必ず支払いを保証してくれる人が必要になってきます。
これは住宅ローンに限らず借金をする場合、当然のことです。
ただ、住宅ローンの場合は、この「保証してくれる人」が例えば自分の両親や親戚などで保証する能力がある人、というわけにはいきません。
金融会社が指定する、所定の「保証会社」の保証が必要です。
これは、万が一返済ができなくなったときに、この保証会社が借り入れをした人に代わって、ローンの残高を金融機関に返済してくれる、というものです。
これによって、金融機関は「貸し倒れ」を防ぎ債務を確実に回収することができるようになります。
ですから、住宅ローンを組む場合には、「所定の保証会社の保証」がいるのです。
この「保証」をしてもらうためには、保証会社に保証料を支払わなければなりません。
保証料を払うことで、保証会社から金融機関へ「この人にはローンを返済し続ける能力がある」という信用を保証してもらうのです。
信用の保証に対する料金である保証料ですから、これを払ったからといって、ローンを組んだ本人に何かがあって、ローンの返済が困難になった場合、その後の返済を免れるということではありません。
そこで、どうしても保証料を払いたくない、払うのがもったいないと感じる人は、金融機関によって保証料を必要としないところもありますので、そういったところを利用するのも一つの手です。
ただし、もちろんローンの審査は厳しくなっています。

Copyright © 2017 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes