Archive for 10月, 2011

変動金利型と固定金利型を組み合わせる?

金曜日, 10月 14th, 2011

山形で住宅の新築を検討している友人が住宅ローンの借り入れをどうしようか迷っている所です。

当面の金利が安い変動金利型は、借り入れ後返済をはじめた当初は月々の返済額の負担が少ないのですが、

今後金利が上昇するようなことになると、総返済額が膨れ上がってしまうというリスクがあります。

反面、固定金利型であれば、返済当初から完済までの間金利が変わりませんから

月々の返済額の管理はしやすいのですが、どうしても金利が高めになってしまいます。

そこで、変動金利型の住宅ローンと固定金利型の住宅ローンを

組み合わせて借り入れをするという方法が注目を集めています。

上記のそれぞれのメリット・デメリットからそれぞれのいいとこどりをしよう、という考え方ですが、

これも中身をよく精査せず、また将来の金利上昇をきちんと計算しておかなければ

結局総返済額が多くなってしまうことが往々にしてあるようです。

結局のところ、変動金利型を組み入れる場合は、

将来の金利がどれほど上がるかということをあらかじめ予測しておかなければなりません。

が、専門家でも難しいこの金利上昇を読みきるのは簡単なことではありません。

家計管理をしっかり行った上で、金利が低いうちに、

繰り上げ返済をどんどん行うことができる場合には有効でしょうが、

実際のところ、そこまで繰り上げ返済をできるといった見通しも、

この不景気では確実なものをするのは難しそうです。

特に、金利上昇について不安が大きい場合は、

やはり固定金利にしておいたほうが、気持ちの面でも安心感が大きいのではないでしょうか。

また、お金の管理に関してあまり得意でないと感じている人には

変動金利型は向いていないといえるかも知れません。

まず、金利がどれくらい上がると、どう返済額が変わっていくのかをきちんと試算した上で検討したいものです。

Copyright © 2017 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes