Archive for 11月, 2011

財形住宅融資の使い方

水曜日, 11月 9th, 2011

給料から目的や用途に合わせて毎月天引きでお金を貯めることのできる財形貯蓄ですが、

税金や利息の優遇などの面でもし利用できるのなら、ぜひ使いたいものです。

新築で大分にマイホームを建てようとしている友人は

「給料から必要なお金を取り分けて余った分を貯蓄」しようとがんばっていますが、

実行はなかなか難しいものです。

給料からあらかじめ引かれていれば、残されたお金でやりくりをすればよいのですから、

お金の管理があまり得意ではない人向きかも知れません。

この財形のなかでも、マイホームを持つための財形貯蓄が「住宅財形貯蓄」です。

これを利用していると、お金がたまるだけでなく、

いざマイホームを持つため住宅ローンを組む際に有利な条件で組める場合もあります。

これが「財形住宅融資」です。

主な特徴としては、

①借入額は最高4000万円

②金利は5年間固定金利

③その他の民間の金融機関の住宅ローンやフラット35とも併用ができる

点などです。

では、どこに申し込んで借り入れを行うかというと、これは場合によっていくつかに分かれています。

勤務先の企業が融資を行っている場合もありますし、

財形住宅金融株式会社という中小企業などがお金を出して融資を行うための会社を利用している場合もあります。

また、共済組合が窓口になっていたり、住宅金融支援機構に申し込む場合もあります。

これは勤務先の担当部署に確認する必要があります。

また、会社によっては、借り入れをした際に利子の一部を会社が負担してくれるという制度をとっているところもあります。

ぜひ確認してみましょう。

もちろん、これらの財形住宅融資を利用するためには、

申し込み時の年齢制限や建物の広さなどに条件がついていますが、

それほど厳しいものではありません。

会社によっては、他の金融機関を利用するよりも低い金利で融資を受けられるかもしれません。

Copyright © 2017 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes