Archive for 6月, 2015

階段

水曜日, 6月 17th, 2015

二階建て住宅には階段の存在は欠かせません。階段をどこに設けるか、階段下をどのように活用するかというのは家造りの中でも重要なことの一つだと思います。以前は玄関近くに階段を設けるのが主流でした。
しかし最近ではリビングに階段を設けるのが人気を高めています。リビング階段が人気を高めている理由の一つとして、家族の繋がりを大事にできるということが挙げられます。家族の集まるリビングを必ず通らなければ、二階の自分の部屋には行けないようにしておくことで、家族が顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションが生まれやすくなるのです。我が家の新築住宅にもこのリビング階段を取り入れました。

また階段下のデッドスペースを有効活用させるのも家造りの基本の一つです。階段下を収納スペースとする家庭は多いです。リビング階段であれば階段下スペースをキッチンパントリーやリビング収納として活用させることもできます。家族が長時間過ごすリビングに階段があることで階段下の活用法も多様化しています。
あえて収納にせず、オープンに空間を活用させる人もいます。階段下をパソコンスペースとしてカウンターデスクを設けたり、スタディコーナーにする人もいます。このような活用法も階段下という特殊な形状を上手く克服できていいと思います。階段をどこに設けるか、階段下をいかに活用させるかということも大事ですが、階段は安全性の確保も非常に大事です。急こう配な階段にせず、幅にゆとりを持たせ、握りやすい手すりを設置するということも忘れずにしなければいけませんね。

ニッチのある家

木曜日, 6月 4th, 2015

住宅にたくさん取り入れられるようになったニッチ。ニッチを飾り棚として活用させる人がいれば、小物などを収納する収納スペースとして活用させる人もいます。ニッチは壁の厚みを利用して飾り棚や収納スペースを確保するので、空間に全く圧迫感を与えることはありません。

親戚宅が建てた新築住宅には玄関ホールの壁に飾り棚としてのニッチを設けていました。そのニッチには照明も設けられており、夜でも雑貨を柔らかい明かりで照らし空間を華やかに演出してくれます。ニッチは形も大きさも様々です。各空間の用途に合わせて自由に大きさや形を変えて部屋の雰囲気を高めるのもいいと思います。

我が家の新築住宅にはリモコンニッチを設けたいと思っています。インターホンのモニターや給湯器のスイッチ、太陽光のモニターなどリビングに設置するモニターは多いです。それらをすべて壁に設置すると生活感を感じますし、ごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。
これらをスッキリとさせるにはリモコンニッチを設け、その中に全てのモニターやスイッチを入れるのです。そして生活感を感じさせないようにするためニッチの前に扉を設けるのもいいかなと思っています。デザイン性が高まりリビングをオシャレな空間に見せてくれると思います。

そしてトイレにはマガジンラックのニッチを設けようと思っています。私の主人はトイレに新聞や雑誌を持って入ります。用を足した後、それらがトイレの壁に立てかけていたりして、トイレがごちゃごちゃしてしまいます。この問題を解決するためにニッチでマガジンラックを設けるのです。広さに限りのあるトイレだからこそニッチの存在力も大きくなります。ニッチを上手に取り入れ空間をオシャレに、そして物が片付く家にしたいものです。

Copyright © 2017 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes