注文住宅で家を建てた我が家は、住宅に関して決めなくてはいけないことがたくさんありました。その度に夫婦で意見が分かれることも多く、スムーズな家造りとはいきませんでした。しかし話し合いを重ね、住宅への愛着心が高まることで完成した時の充実感や達成感、満足感もまた一層高いものとなったのです。

夫婦で意見が分かれたことの中でなかなか決まらなかったことは、二階にトイレを設置するかどうかということです。主人は二階にも便利があった方が便利と言い張りました。自分達が高齢になった時、夜中のトイレにわざわざ一階までトイレに降りるのは大変です。また宿泊者がいる場合や、家族が一階のトイレを使用している場合にはトイレが二個あると便利さを実感することと思います。

しかし、私は実家の二階にも、今まで住んでいた住宅にも二階にトイレがない生活をしてきました。二階にトイレはそんなに必要ないと思っていました。二階にもトイレを設けることで、設備費用も二倍になりますし、お手入れの手間も二倍になります。また我が家の子ども達はまだ小さく、二階で過ごす時間が一階で過ごす時間と比べて極端に短いので、二階にトイレを設けてもほとんど使用しないと思ったのです。

夫婦で話し合いを重ね出した結論は、二階にトイレスペースを確保し排水管工事までしっかり行っておき、本当に必要性が高まった時にトイレを設置するということです。それまでは二階の収納スペースとして利用することにしました。その時でピッタリの暮らしを送れる家造りというのは大事なことと思います。