家造りを進める際には、依頼する業者を一社選ばなければなりません。そこでまずはハウスメーカーと工務店の特徴を知り、自分達がどちらの方が適しているのかということを判断することから進めるといいと思います。

ハウスメーカーは、広告宣伝のプロが工夫を凝らした情報発信を行っているため、我々は細やかな情報を手に入れることができます。資本も大きく大規模なため、世間一般での社会的信用は高いです。設計の自由度に関しては、工場生産でできあがった部品が基準となるため、寸法などの変更がしにくいです。

また自社商品のみしか売ってくれないこともあります。個性に関しては、各メーカーでブランドが確立されているため、一目見ただけでどこのハウスメーカーのものなのかが分かるものも多いです。時間に関しては、多数のモデルケースを持っているため、その中からプランを選ぶことができます。

また、部材も工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかかりません。価格に関しては、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など、さまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうため、どうしても価格が高くなってしまうのです。

工務店は、大量生産のハウスメーカーと異なり、建築主の希望やこだわり、工務店の独自のテイストが現れる一品生産の家造りを行うことができます。一つ一つの打ち合わせを重視するため、設計から完成するまでに時間がかかるのですが、完成した時の満足感や達成感は高いのです。広告宣伝費などがかからないため、同じ仕様の家ならばハウスメーカーよりも安く造ることができるのです。そして、地域での評判を大事にするため施工はもちろん、引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれるのです。まずは特徴を知り、自分達に合った方を選ぶことから進めましょう。