Posts Tagged ‘キッチン’

造り付けカップボード

木曜日, 1月 11th, 2018

我が家はキッチンスペースに合わせてカップボードを造り付けました。カップボードを造り付けることで隙間を生まず空間を最大限に有効活用できます。また、日本は地震大国でもあるだけに、地震対策としてカップボードを造り付けたのです。家具の倒れ込む心配がなくなることで住まいの安全性がより高まり、地震に対する備えにもなるのです。

床から天井近くまでいっぱいに広がるカップボードは収納力抜群です。キッチンを振り返ると一面にキッチンで必要な物が揃うため家事の効率も高まります。カップボードの全面はすりガラスの引き戸が設けられています。キッチンで家事をする場合にはこの扉をオープンにしておき、必要な物が出し入れしやすいようにしておくのです。

引き戸なので開けっ放しにしていても邪魔になることがありません。そして、調理後や来客時などはこの扉で収納している物を全て隠します。目に触れると生活感を与えてしまうキッチン家電や食器、食材などを全て隠すことでスッキリとしたスタイリッシュな空間が広がるのです。すりガラスの扉なのでしっかりと中に収納している物を隠しながらも、キッチンに明るさを通してくれるので閉鎖的な印象になりません。

扉三枚分にも広がるカップボードは、一面をキッチンパントリーとして利用しており、隣には食器類やお弁当箱にタッパーなどを整理しています。そしてその隣の一面にはキッチン家電を収納しています。大容量に収納していても余裕があるためキッチンの床に物が散らかることもありません。カップボードはキッチンに欠かせないものだけに、しっかりと計画して設けましょう。

キッチン

月曜日, 11月 10th, 2014

現在私が住んでいる住宅は対面キッチンです。
対面キッチンとはダイニングやリビング側を向いているので、子どもの様子を確認しやすかったり、家族と顔を合わせて会話ができたり、テレビを見ながら家事を行えたりするというメリットがあります。
キッチンで家事をする時間も楽しく一人で黙々と家事を行うよりストレスも感じにくくなると思います。

最近では対面式のオープンキッチンが人気です。オープンキッチンにすることでキッチンとダイニング、リビングに一体感が生まれ開放感に溢れた空間が広がるのです。
母親はキッチンで旦那さんはダイニングで晩酌中、そしてリビングでは夕飯を済ませて遊ぶ子ども達という風に家族がそれぞれの空間にいても繋がりを感じ、互いの存在を確認できるので安心感も高まるのです。

新築住宅にはこのオープンキッチンにしたいと考えています。それは現在対面キッチンなのですが、吊戸棚が設けられており、空間に圧迫感を感じることと吊り戸棚は使い勝手の良くない収納で不満を感じることが多いからです。
キッチンでの家事は毎日行われます。
毎日行う家事にストレスを感じるようなキッチンではせっかくのマイホームが台無しです。

そしてキッチン後ろのカップボードは収納している物が全て見えないようにすりガラスのドアを設けスタイリッシュにしたいと思っています。
キッチンで生活感の出やすい炊飯器や電子レンジなどの家電を全て隠せるようにしておくことでお客さんを招いた時でもスッキリとキレイな空間と感じてもらえるのです。
キッチンは女性にとっては大変重要です。
広さと収納は満足のいくようにしたいですね。

Copyright © 2018 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes