Posts Tagged ‘デメリット’

注文住宅

水曜日, 1月 16th, 2013

自分達の暮らしに合った、自分達らしさにふさわしい家を建てるという意味で注文住宅があります。

注文住宅のよいところは、自分達の建てた家を想像し、実現できるということです。注文住宅を建てるまでの流れとしては、

①    注文住宅の情報収集などをチェックする

②    その情報をもとに建てたい家を想像してみる

③    計者を選び、その自分が想像したものについての設計を、してもらう

④    行業者を選び工事請け負い契約をする

⑤    盤調査を行い改良が必要となった場合は、きちんと改良してから工事にとりかかる

⑥各段階での専門家による検査⑦最後に、建物の使用説明書を受け取るといったかたちになります。

注文住宅の依頼先としては、設計事務所、工務店、ハウスメーカーと大きく3つにわかれます。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、自分に合った依頼先をみつけることが大切となります。

土地選びには、法律面と敷地や環境整備が重要となります。大きい家を建てられるのか(建べいと容率)、地盤はしっかりしているのか、騒音、振動、悪臭、汚染などの心配はないかなどがあげられます。

契約前には、契約書の内容をきちんと読んだ方がよいでしょう。

法律などによっては、どの区域にどれくらいの家を建てることができるのかということが決まっています。

地域の種類としては、市街化区域・市街化調整区域・風致地区・防火地域・準防火地域・用途地域があります。中でも、市街化調整区域のみ原則として、住宅の建設はできません。

Copyright © 2017 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes