Posts Tagged ‘ローンエトセトラ’

財形住宅融資の使い方

水曜日, 11月 9th, 2011

給料から目的や用途に合わせて毎月天引きでお金を貯めることのできる財形貯蓄ですが、

税金や利息の優遇などの面でもし利用できるのなら、ぜひ使いたいものです。

新築で大分にマイホームを建てようとしている友人は

「給料から必要なお金を取り分けて余った分を貯蓄」しようとがんばっていますが、

実行はなかなか難しいものです。

給料からあらかじめ引かれていれば、残されたお金でやりくりをすればよいのですから、

お金の管理があまり得意ではない人向きかも知れません。

この財形のなかでも、マイホームを持つための財形貯蓄が「住宅財形貯蓄」です。

これを利用していると、お金がたまるだけでなく、

いざマイホームを持つため住宅ローンを組む際に有利な条件で組める場合もあります。

これが「財形住宅融資」です。

主な特徴としては、

①借入額は最高4000万円

②金利は5年間固定金利

③その他の民間の金融機関の住宅ローンやフラット35とも併用ができる

点などです。

では、どこに申し込んで借り入れを行うかというと、これは場合によっていくつかに分かれています。

勤務先の企業が融資を行っている場合もありますし、

財形住宅金融株式会社という中小企業などがお金を出して融資を行うための会社を利用している場合もあります。

また、共済組合が窓口になっていたり、住宅金融支援機構に申し込む場合もあります。

これは勤務先の担当部署に確認する必要があります。

また、会社によっては、借り入れをした際に利子の一部を会社が負担してくれるという制度をとっているところもあります。

ぜひ確認してみましょう。

もちろん、これらの財形住宅融資を利用するためには、

申し込み時の年齢制限や建物の広さなどに条件がついていますが、

それほど厳しいものではありません。

会社によっては、他の金融機関を利用するよりも低い金利で融資を受けられるかもしれません。

頭金なしで住宅ローンを組む

日曜日, 8月 7th, 2011

住宅ローンを組む際、頭金を2割程度準備しておくことが定説とされてきましたが、

近年、頭金なしでも住宅ローンを借りられるという商品をさまざまな金融機関が出してきています。

では、実際のところどうかというと、住宅ローンの総返済額から考えれば、

借りる額が少なければ少ないほど、金融機関に支払う利息分が少なくなるわけですから

頭金を準備しておいたほうが負担は少なくなります。

ですが、これは同じ返済期間で考えた場合のことですので、

頭金なしでも、返済期間を短くする、つまり毎月の負担額を多くするか、

ボーナスでの返済を考慮に入れれば、頭金がある場合との利息分の差は小さくすることができます。

とはいえ、この不景気ではボーナスでの返済はあまり当てにしておくと、

ボーナスがカットされたとき、すぐに家計を大きく圧迫することになりますし、

給与のカットもないことではありませんので、月々の返済額は余裕を持っておきたいところです。

とはいえ、ことはマイホームの購入にかかってくるわけですから

、単に金額の上だけのことでは計れない部分があります。

というのも、小さいお子さんがいる家庭の場合は、

子どもたちに自由に遊べる庭を与えたい、

子どもの声や騒音などによるご近所とのトラブルが気になってストレスになる

というような事情を抱えていれば思い切って頭金なしでマイホームを購入しても、

家族のよりよい暮らしのためにはいいかもしれません。

結局のところ、ライフスタイルや家族のライフステージに応じた家づくり、

そして購入資金計画をたてるということがもっとも大事なことになってくるのです。

住宅ローンが借りられない!?

日曜日, 5月 15th, 2011

様々な金融機関が売り出しているバラエティー豊かな住宅ローン商品ですが、その中から、これぞというものを選び、たくさんの書類を集め、さあ審査となったとき、「借りられませんでした」となったら…。それまでの苦労がすべて水の泡です。そんなことにならないためにも、まず、以下の点をチェックしておきましょう。
①返済比率は年収の35%以下ですか?
※この「返済比率」とは、住宅ローンの他、マイカーローンや教育ローンなどすべての借り入れの返済年額を年収で割ったもの。
返済比率を抑えるために建材をアウトレットショップで自前で用意するという方法もあります。
②同じ会社での勤続年数は3年以上ありますか?
※ただし、勤続年数の制限を設けていない金融機関もありますので、いろいろあたってみるという方法もあります。ですが、転職したてというのは何があるかわからない時期ですから、住宅購入には慎重になったほうが良いでしょう。
③何に使ったかわかりにくい借り入れはありませんか?
※マイカーローンや教育ローンのように、用途がはっきりしている借り入れに関しては、返済比率は基準内であれば住宅ローンの審査は問題ありませんが、消費者金融からの借り入れのように、何に使ったかが客観的にわかりにくい借り入れがあると、審査が通りにくくなってしまいます。
④健康ですか?
※元気に働ければローンが払える…といったことではなく、住宅ローンを組む際に条件として、団体信用生命保険に加入しなければならないという金融機関は多く、この保険に入れないと借り入れができないということがあります。生命保険ですから、健康状態によっては、加入できないことももちろんあります。
住宅設備などを買うときもキッチンを公団流し台にしておくなど工夫してみると返済も楽になるかと思います。

Copyright © 2017 家造りと住宅ローンについて考える. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes